ワードプレス テーマ WordPress theme

最初に選ぶならこのテーマ

おすすめテーマは「Lightning」になります。
ただし、WordPressを導入して初めて使うテーマという条件で選んだ場合です。

おすすめ理由は

おすすめテーマ

おすすめテーマは沢山あります。
今までに試用したテーマの中からピックアップしてご紹介しますので参考にしてください。

掲載している内容はテーマとオリジナルブロックの入手先です。
公開方法とライセンスの違いに基づいて分類して掲載しています。

WordPress.org に登録されているテーマ 100%GPL

Lightning テーマリポジトリVK Blocks プラグインリポジトリ
Arkhe テーマリポジトリArkhe Blocks プラグインリポジトリ
LIQUID テーマリポジトリLIQUID BLOCKS GALLERY 37+ Free Designs プラグインリポジトリ
Nishiki テーマリポジトリ

WordPress テーマが WordPress.org テーマリポジトリに登録されるまでに審査があります。
審査を通過して登録されたテーマを利用することには、以下のメリットがあると考えます。

  • 登録されているテーマ間のコンテンツデータに対する互換性が高い。(テーマを変更してもコンテンツに与える影響が少ない。)
     WordPressテーマ作成のルールに従って作られているため。
     WordPressテーマの標準機能の範囲で作られているため。(実装できる機能に制限がある。)
  • セキュリティチェックが実施されている。
  • WordPress バージョン・PHP バージョンの対応状況が表示されている。
  • 最終更新日、有効インストール数が表示されている。

無料で配布されているテーマ 100%GPL

yStandardyStandard Blocks
Cocoon オリジナルブロックはテーマ内に実装

機能が拡張されている。
WordPress標準設定機能以外の機能を追加設定している。
テーマを変更した時、WordPress標準設定機能以外の機能が引き継がれない。

無料で配布されているテーマ GPL

Luxeritas オリジナルブロックはテーマ内に実装

機能が拡張されている。
WordPress標準設定機能以外の機能を追加設定している。
テーマを変更した時、WordPress標準設定機能以外の機能が引き継がれない。
100%GPLと表記されていないので(100%GPLであるか判断できないので)、使用時・配布時にライセンスの確認が必要です。

有料で配布されているテーマ 100%GPL

Lightning ProVK Blocks Pro (テーマに付属)
SWELL オリジナルブロックはテーマ内に実装
KatawaraVK Blocks Pro (テーマに付属)
Nishiki ProNishiki Blocks Pro (テーマに付属)
Snow MonkeySnow Monkey Blocks プラグインリポジトリ
LIGHTLIQUID BLOCKS GALLERY 37+ Free Designs プラグインリポジトリ

コンテンツの編集作業を楽に行うには有料で配布されているテーマを利用することをおすすめします。
テーマと連携した専用オリジナルブロックを利用することで、少ない手順で多彩な表現が可能になります。
サポート体制・内容が明文化されており、充実したサービスが提供されていることもおすすめ理由です。

WordPress.org に登録されている海外テーマ 100%GPL

Astra テーマリポジトリ
OceanWP テーマリポジトリ
Neve テーマリポジトリ
Zakra テーマリポジトリ

海外テーマは沢山あり、おすすめするテーマは以下の条件で絞り込んでおります。

  • WordPress のダッシュボードが翻訳されている
  • AMP 対応している

海外テーマは
WordPress テーマレポジトリに登録するために、有料版(Pro版)の機能をダウングレードした機能制限版であることが多いです。
デザイン変更を簡単に行えるように、デザインスキン(スターターサイト)が準備されているのも特徴です。

2021年1月9日 作成 2021年1月24日 改訂75版

sekine.com-seal