CATEGORY

sekine

Hideaki Sekine | 筆休め

雪のイメージかな。美味しそうだね。 ブログ記事引用:Hideaki Sekine | 筆休め

Hideaki Sekine | 細工

世間を騒がしている色々な不祥事を見ていると細工という言葉が思い浮かんできます。 失態を隠すため、不正を隠すために色々子細工をする。 本来細工は価値を高めるために行うもの。 気の遠くなるような緻密な作業による入魂のことなのさ。 ブログ記事引用:Hideaki Sekine | 細工

Hideaki Sekine | 皮の厚み

皮の厚みは変化させられるのか? 冬場は皮膚にとっては試練の時期。 寒さと乾燥のダブルパンチです。 冬用のスキンがあれば、夏の皮膚から脱皮して着替えたいですね。 ブログ記事引用:Hideaki Sekine | 皮の厚み

Hideaki Sekine | 信じられない

日常生活では色々な事にでくわす。 瞬時に「信じる」「信じない」の判断をする必要があるのですが、「信じたいけど信じられない」事も多々あります。 まあ「信じて」と言われたら「信じない」方が無難でしょうね。 ブログ記事引用:Hideaki Sekine | 信じられない

Hideaki Sekine | 看板

看板を背負う。 コンプライアンスをイメージさせるのに良い一言だと思います。 自分の背負った看板を傷つけないよう行動いたしましょう。 看板に背中を押してもらっている事を忘れてはいけませんよね。 ブログ記事引用:Hideaki Sekine | 看板

Hideaki Sekine | 弱み

自分の弱みって何だろう。 自分では気付きにくい。 弱みは視点を変えれば強みとなるのだから。 強そうに見える人に自分を合わせる必要はない、自分を良く知って利点として活かせるようになりたいよね。 ブログ記事引用:Hideaki Sekine | 弱み

Hideaki Sekine | フロントバッグ

出かける時のバッグの位置。 リックで背中。 ショルダーで肩掛けもしくはたすき掛け。 手提げバッグもあるよね。 でも欲しいのはお腹の前に位置するフロントバッグ。 いいのないかな。 ブログ記事引用:Hideaki Sekine | フロントバッグ

Hideaki Sekine | できる

人間は「つくる」事に熱中してきた。 でも人が作る物って脆いんでよね。 上手く作れなかった時はごまかしたりさえする。 「できる」まで待つことも必要なんだよね。 ブログ記事引用:Hideaki Sekine | できる

Hideaki Sekine | 師走

12月になりました。 冷え込みも激しくなってますね。 そして街は歳末モードへと移っていきます。 私もつい小走りとなる月になりました。 ブログ記事引用:Hideaki Sekine | 師走